動画配信サービスで楽しむ心に残るアニメ特集!

心に残るアニメたちを集めてみました。きっと今の乾いた心にしみいる何かがあると信じて。

歴代映画興行収入ランキング1位は「千と千尋の神隠し」!

千と千尋の神隠し』の興行収入は304億円で、歴代映画史上ランキング第1位を記録しています。

f:id:awa6200:20170202161019p:plain

本作品はどこを切っても説教話!?

「仮想世界」を使い、現代の若者たちを一歩先んじて「社会」の人生勉強をさせようという試みであると思われる。

 

この映画の中の「仮想世界」では現実逃避を目的には出来ないかも知れない。

 

それは若者にとことん礼儀作法等を教え込もうとする宮崎監督の意図の一つだと思われる。

 

本作品の三大訓話!?

千と千尋の神隠し』は「物欲否定」と「個性の喪失」と「自然との共存」に関する教訓が豊富に盛り込まれ、これらが作品の三大訓話となっている節がある。

 

ヒロインが潜り込んだ湯屋は「現代社会」の縮図です。(純日本風の湯屋の世界を仕切るのが西洋風の魔女という風刺の意味は深い)

 

働く意志がある者は生かす!?

ヒロインが潜り込んだ湯屋では、働く意志がある者は生かし、「やめたい」「家へ帰りたい」と言うものは、存在を抹消される仕組みです。

 

社会の厳しさをしっかり教えてやろうとしているのか、はてさてもっと深い意味を知らせようとしているのか、なかなか意味深です。

 

「物欲否定」は湯屋の経営者の湯婆婆で象徴!?

湯屋の経営者の湯婆婆は、金に囚われて目が曇り、我が子が入れ替わっていても気が付かない、ものの真価を見失っているという意味を暗喩させた物語。

 

現代人の象徴とも言えるカオナシは、金に目がくらんだ湯屋の使用人たちを食べ、彼から湧き出した金はやがて泥に変質する。

 

痛烈な経済社会への警告だと感じます。

 

個人の「生きる力」が奪われていく事への警鐘!?

現代人にとって最も恐ろしい魔術は、この映画のように個人の「生きる力」が奪われていく魔術です。

 

組織や母親の過保護で力を失った個人は、他人に頼らなければ問題を解決して行けなくなっています。


そこで宮崎監督は自分の問題解決は「自分でやるしかない」、そして、その方法は「思い出せないだけで忘れはしない」と励ます。

 

もののけ姫」のテーマはここに引き継がれた!?

千尋を人間界の象徴とすると、ハクは自然界の象徴となる。

 

彼らの愛は、人間と自然の共存を意味することになり、この図式は「共に生きよう」と語り合った「もののけ姫」のアシタカとサンの関係と同じ。


ここに「もののけ姫」のテーマは引き継がれているのかも知れない。

 

こうして「もののけ姫」を振り返るとまた深く観ることが出来るかも知れませんね!

 

GOOD LUCK !